施工事例

「荒廃と品格」

リノベーション・オブ・ザ・イヤー2019年 R1デザイン賞
築年数 築36年
施工タイプ マンションリノベーション

|新潟市-O様邸|

内部は躯体コンクリートを剥き出しにし、仕上げはラワン、モルタル、オークで構成。

建具枠を無くし、合板の継ぎ目を揃えたりと納まりをきれいにすることを徹底し、ラフでありながらもどこか気品を感じさせる空間になっています。

その結果、躯体コンクリートの荒さと、内装の繊細さにギャップが生まれ、リノベーションならではの仕上がりに。

テーマである「廃墟」というのは、あまり作為的にしたくないという意味合いとして。

家っぽさを排除することで、個人宅のLDKでありながら、誰もが自由に使えるラウンジのような匿名性の高い空間になりました。

日常の中に非日常を持ち込んだような暮らし方には、家をただ機能として見るのではなく、むしろ川面を眺め佇む時間や、バルコニーで夕涼みする時間にこそ価値が見出されます。

どこか情緒的で懐かしい感じも、築36年の歴史をリノベーションでつなぐ住まいの魅力の一つとなっています。

「荒廃と品格」
築明治31年の古民家リノベーション「戻す家」
「荒廃と品格」
「招くねこの家」

お問い合わせ・ご来店予約Contact

お問い合わせ・ご来店予約はこちら

無料お見積り依頼Quotation

無料お見積り依頼はこちら
お問い合わせ・ご来店予約 お見積り依頼
to top